自分を好きにさせるには?両想いになってバラ色の恋を始めよう!

相手に自分を好きにさせるには、どうしたらいいの?

そんなことを思っている人は多いのでは?

誰もが自分が好きになった人には、自分を好きになってもらいたいと思いますよね?。

そこで今回は、「自分を好きにさせるには?両想いになってバラ色の恋を始めよう!」と題して、自分を好きにさせる方法を紹介します。

是非、好きな人と両想いになって、バラ色の恋を始めて欲しいと思います。

\ 詳しくはこちら /

目次

自分を好きにさせるには?両想いになってバラ色の恋を始めよう!

自分が好きになった人には、自分を好きになってもらいたいと思いますよね?

自分が好きになった人=自分を好きになってもらう=両想い

好意の返報性

例えば、あなたのことが気になる男性がいるとしましょう!

よほどあなたが嫌でない限り、その男性に好意を持つのではないでしょうか?

これを『好意の返報性』と言います。

『好意の返報性』…人に何かをしてもらうと、それに対して自分も何かしないといけないという感情を抱くこと

しかし、あなたの好意が相手に気づかれなくては意味がありません。

自分を好きにさせるということは、まずは相手を振り向かせる(あなたの好意を相手に伝える)事が大事と言うことです。

そうすれば、次第に相手もあなたに対して好意を返したいと思うようになり、結果的にはお互いの距離が縮むことになります。

\ 詳しくはこちら /

ちなみに、逆のパターンもあります。

「あの人の事嫌い」「私とは合わない」など、相手の見えないところで悪口を言っていると、相手もあなたに対して嫌悪感を抱くことになるのです。

これは『嫌悪の返報性』と言われるので、気を付けておいた方がいいでしょう!

相手の悪口を言っている時は、相手もあなたの悪口を言っていると思っておくべきです!

ほめ上手になる

ほめ上手になることも、自分を好きにさせるテクニックの一つです。

男性も女性も、褒められて嫌な気分になる人はいませんよね?

特に普段から褒められることに慣れていない人には効果的です。

自分の事を認めてくれる人がいないと感じている人は、異性から褒められれば「自分を認めてくれる人がいる!と相手を強く印象付けることになります。

実際に、モテる人にはほめ上手な人が多いです。

しかし、度が過ぎたほめ方は逆効果になることもあるため、気を付けたほうがいいでしょう。

\ 詳しくはこちら /

聞き上手になる

先ほど、モテる人には「ほめ上手」が多いと話しましたが、それとは逆に「聞き上手」もモテる条件の一つと言えます。

女性は不安や悩み事を話したがる
  • 女性は話すことでストレスを解消する性質がある。
  • 聞き上手な(モテる)男性は、女性が話をしやすい雰囲気を作り出すことが得意である。
  • そのような男性には、女性は心を開いて不安や悩み事を話すことができる。
男性は自分の知識を話したがる
  • 男性も女性と同じく、自分の話をきちんと聞いてくれる女性に惹かれる。
  • 自分の趣味の話や、スポーツ(野球・サッカー等)の話を嫌な顔もせず、上手く相づちを打ちながら聞いてくれる女性に対しては、「今度、デートに誘ってみよう!」などと思うとともに、「とてもいい子だ」と認めてくれる!

注意!:生返事はしない事

生返事をすれば「この子とは合わない」と思われ、その後の展開は期待できない!

聞き上手=相づち上手

※相手の話に共感することができれば上手に相づちを打てるようになります!

素敵な笑顔で

男性、女性に限らず、いつも笑顔でいる人というのはとても魅力的です。

笑顔というだけで、とても親しみを感じ一緒にいて楽しい気分になれます。

ポジティブな印象を持ちやすいため、いつも笑顔を意識して過ごす事を心がけましょう!

\ 詳しくはこちら /

聞き上手になって類似性の発見をしよう!

聞き上手になることで、いろいろな類似性も発見出来るようになります。

類似性
  • 趣味が同じ
  • 好きな映画が同じ
  • 出身地が同じ
  • 家庭環境が似ている

上記のような共通の話題が見つかれば、親密度が更に増すことになります。

自分を好きにさせるには?両想いになってバラ色の恋を始めよう!【まとめ】

今回は、「自分を好きにさせるには?両想いになってバラ色の恋を始めよう!」と題して、自分を好きにさせる方法を紹介してきました。

自分が好きになった人には、自分の事も好きになってもらい気持ちは誰もが同じです。

類似性を見つけることがとても大事なことではないでしょうか?

特に、共通の趣味を持っているカップルは親密度が増すようです。

それでは、また…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次